このサイトについて

このサイトについて

印刷を行うための代表的な機器としてプリンターが挙げられますが、実はこれまでにさまざまな種類が登場しています。たとえばインクジェットプリンターですが、これが最も代表的なものといえるかもしれません。インクをヘッドから噴射させることで、媒体に吹き付けます。いわゆるインクカートリッジが必要なタイプのものです。

また、電子写真方式プリンターが挙げられます。これはLEDやレーザーを利用したものとなっています。感光体のトナーを媒体に写す印刷方式です。他には、ドットインパクトプリンターが挙げられます。こちらはヘッドのピンをインクリボンに叩くようにして媒体に写します。それから、昇華型プリンター(インクを気体にして吹きつける方式)など、とても幅広い機器が登場しています。

また、内部処理についても種類があり、パソコンで行うか、本体で行うかに分かれます。パソコンの場合、QuickDraw、GDI、本体の場合、PostScriptなどと呼ばれます。

しかし、実はこれらだけでなく、他のさまざまな条件によっても、製品の種類が分かれます。つまり、それだけ幅広い方式に対応しているということで、多くの特徴を持つ印刷を可能にしているということです。

    コンテンツ一覧

    おすすめ最新情報

    ポリプロピレン製で熱や水・薬品にも強く、通常のダンボールよりも丈夫で長持ちするプラスチックダンボールをお探しなら、軽くてローコストなので用途に合わせて色々な場面・場所で使用することが出来ます。
    フレームにアルミダイキャストを採用し、従来のものよりも高い耐久力を持ったラベルプリンターを探しているならESC/P準拠、P-touch Template コマンド印刷ができるので様々なケースや用途に対応できるのでお勧めです。
    迅速かつ確実、低価格なオンデマンドの印刷で製本するなら、無線綴じ製本・中綴じ製本・その他各種製本などで小部数・中部数に対応し、必要なページだけカラー印刷することも可能なのでオススメです。
    Copyright(C) 印刷を活用するための知識集 All Rights Reserved.