印刷を活用するための知識集 TOP

このサイトについて

印刷を行うための代表的な機器としてプリンターが挙げられますが、実はこれまでにさまざまな種類が登場しています。たとえばインクジェットプリンターですが、これが最も代表的なものといえるかもしれません。インクをヘッドから噴射させることで、媒体に吹き付けます。いわゆるインクカートリッジが必要なタイプのものです。

また、電子写真方式プリンターが挙げられます。これはLEDやレーザーを利用したものとなっています。感光体のトナーを媒体に写す印刷方式です。他には、ドットインパクトプリンターが挙げられます。こちらはヘッドのピンをインクリボンに叩くようにして媒体に写します。それから、昇華型プリンター(インクを気体にして吹きつける方式)など、とても幅広い機器が登場しています。

また、内部処理についても種類があり、パソコンで行うか、本体で行うかに分かれます。パソコンの場合、QuickDraw、GDI、本体の場合、PostScriptなどと呼ばれます。

しかし、実はこれらだけでなく、他のさまざまな条件によっても、製品の種類が分かれます。つまり、それだけ幅広い方式に対応しているということで、多くの特徴を持つ印刷を可能にしているということです。

    コンテンツ一覧

    おすすめ最新情報

    マスコミへのリリース、活用方法のサポートをしている冊子の印刷会社なら、オフセット印刷に比べて版自体の原価が安いため低予算での提供が可能で、フィルム出力などの複雑な工程がないため、入稿から仕上がりまでの日数を大幅に短縮できてオススメです。
    海上輸送用の頑丈なコンテナを使用しているレンタル倉庫を横浜で探しているなら、高セキュリティのカギを無料で貸し出していて、セキュリティ面もしっかりしているので安心して利用することが出来ます。
    不用品処分業者を茨城で見つけるなら、回収した品物はスタッフがリユース・リサイクル・指定廃棄に分類し、お客様に還元するため、他社と比べて格安での対応が可能な業者がオススメ。他社より1円でも高ければ相談出来ます。
    覆面調査の結果を項目毎に基準に照らし合わせて数値化するサービスなら、数値化することで比較が可能になり、傾向と改善ポイントがわかりやすくなるだけでなく、集計結果をランキング表やグラフに加工することが可能になり、評価が視覚的に分かりやすくなります。
    Copyright(C) 印刷を活用するための知識集 All Rights Reserved.