三原色を利用し、さまざまなカラー印刷を可能にしている

三原色を利用し、さまざまなカラー印刷を可能にしている

カラー印刷は、光・色の三原色を利用することによって可能にしています。混ぜれば混ぜるほど白くなっていくのが光の三原色、混ぜれば混ぜるほど黒くなっていくのが色の三原色です。光の場合ですが、レッド(Rと表記される)、グリーン(Gと表記される)、ブルー(Bと表記される)がそれに当たります。それぞれ赤、緑、青となっています。パソコンの画面は発光しているので、これらを利用して再現しています。

色の三原色の場合ですが、シアン(Cと表記される)、マゼンタ(Mと表記される)、イエロー(Yと表記される)がそれに当たります。それぞれ水色、ピンク、黄色となっています。印刷物は発光しませんから、これらを利用して再現しています。この二つの三原色によって、ほぼすべてのカラーが再現可能とされているのです。

また実際には、シアン、マゼンタ、イエローの他、ブラック(Kと表記される)という色が追加されています。これはシアン、マゼンタ、イエローだけでは対応できないカラーに使われています。黒の印刷をする際は、主にブラックが使われます。

光についてですが、たとえばレッド、グリーンを混ぜると、イエローになります。また、光の量を調節することによって、鮮やかなものと暗いものに変えることができます。

    あなたにお薦めWEBインフォメーション

  • ポリプロピレン製で熱や水・薬品にも強く、通常のダンボールよりも丈夫で長持ちするプラスチック出できたダンボールをお探しなら、軽くてローコストなので用途に合わせて色々な場面・場所で使用することが出来ます。

Copyright(C) 印刷を活用するための知識集 All Rights Reserved.