印刷物は読みやすいように心がけると効果大

印刷物は読みやすいように心がけると効果大

世の中にはさまざまな印刷物が出回っていますが、もちろん見たり読んだりするのが目的ですから、できるだけ見やすいように、読みやすいように心がけるのが一番です。特に商業の場合、ライバルとなるものがたくさんありますから、その中で気づいてもらうような仕掛けが必要になると思います。たとえば、広告などではインパクトが大切といわれていますが、これも消費者に見てもらうための計算によるものなのです。

もちろん、印刷物にはインパクトだけでなく、情報をスムーズに読み取ることができる工夫も必要です。そのためには、なんといっても、見やすさ、読みやすさが影響してきます。文字は見やすいフォントを、文章は読みやすい改行を、図や写真はわかりやすく挿入し、全体のレイアウトを整える……こういった工夫を重ねると、よりそれが生む効果は大きくなります。

たとえば、文章についてですが、文章量とのバランスがカギになります。改行が多すぎると、読む人にとっては目の位置を変えることが多くて疲れますし、一行の文章が長すぎると、読む人にとっては目の位置を変える距離が長くて疲れます。そのため、そもそも文章量を増やしすぎないという意識を持ち、それでいてバランスのいいものをつくることを心がけるといいでしょう。

    人気ランキング

  • 小ロットからの冊子を印刷したいと考えている方におすすめしたいのがこちらのサイトです。あくせすぱーくならモノクロ無線とじ製本からカラー製本まで幅広く対応してくれる上に低価格。もちろん小ロットからも対応が可能なので、製本や印刷をお考えの方に是非見ていただきたいサイトです。

Copyright(C) 印刷を活用するための知識集 All Rights Reserved.