デジタルをアナログに出力するという価値の大きい技術

デジタルをアナログに出力するという価値の大きい技術

今でこそ、スムーズにデジタルからアナログへと印刷する技術は確立していますが、今のようなコンピュータがなかったころは印刷ひとつとっても、もちろん簡単にはいきませんでした。現在は当たり前のように、パソコン上で見えているデジタルデータをそのまま違わず写すことができますが、昔はそうはいかなかったのです。

昔の方式としては、文字用のデータ、画像用のデータに分けて、順番に写して一枚の用紙を作成していました。つまり、今のように同時に文字と画像を写すことはできませんでした。うまい具合にレイアウトするために、データの作成自体にとても多くの気をつかわなければならなかったのです。

しかし、あるときからコンピュータの技術が進み、同時に文字と画像を写すことができるようになりました。ただ、近年にいたるまでは、パソコンの画面で見えているものとまったく同じようにするのはまだまだ課題となっていました。

そして、さらなる技術の飛躍によって、現在文字と画像を同時に画面上のレイアウトと一致させて、用紙に写すことが可能になっています。これにより、あらゆる利用が実にスムーズにいくようになっているのです。わたしたちが何気なく使っているものでも、そこには価値の大きい技術が宿っています。

    Copyright(C) 印刷を活用するための知識集 All Rights Reserved.