そもそもどのように色を知覚するのか

そもそもどのように色を知覚するのか

印刷はモノクロやカラーと、色を扱うことによって行います。それでは、そもそも人間はどのように色を感じているのでしょうか。もちろん、暗いところでは何も見えません。かといって、光が多すぎるところでは、目がくらんで同じく何も見えなくなってしまいます。

ポイントは虹ですが、これは水を通すことで、光が分かれることによって見ることができます。光は白いですが、これはさまざまな色の集合体なのです。しかし、それぞれの色によって、特徴が異なるので、それらを分けることもできるわけです。

自ら発光しない物体についてですが、これは発光するものの光を吸収し、吸収しないものが反射して人間の目に届きます。つまり、反射された色の光を感じているわけです。物体が黒く見えている場合ですが、これは光をまったく反射せず、ほとんどを吸収していることに原因があります。

また、色を混ぜることで、白をつくったり、黒をつくったりする法則があります。光の三原色、色の三原色と呼ばれているものですが、印刷にもこの法則が利用されています。実はこの三原色によって、さまざまな色を作り出しているのです。

このように、印刷技術には、コンピュータの技術だけでなく、人間の知覚に対する理解も必要なのです。

    必見!お勧めWEBサイト

  • 明確な料金体系で整理・供養・清掃・処分までを全て自社で賄うことができる遺品整理をしてくれる仙台の会社はリクエストがお勧めです。遺品整理は引越しの片付けとは違って単純に物を片付ける作業ではなく、故人との想い出をしっかり整理していくことだというモットーできちんと大切に整理してくれる会社なので安心して任せることができます。故人の遺品整理は体力的・精神的に負担のかかることだと思うので、もし必要な際には問い合わせてみてください。遺品整理士専門の資格を持った「遺品整理のプロ」も在籍しているので「遺品」をどのように扱うべきなのかを熟知している点も安心して任せることができる一因です。

Copyright(C) 印刷を活用するための知識集 All Rights Reserved.