印刷の画像をさらにいいものにするために解像度を理解する

印刷の画像をさらにいいものにするために解像度を理解する

印刷を行う上で、忘れてはならないのが解像度という要素についてです。頻繁に見るものだと思いますが、これはどういった意味なのでしょうか。簡単に言ってしまえば、画像のきめ細やかさを表します。これが高ければ高いほど、画像出力のきめが細かくなります。数値で表されるのですが、ppi(pixel per inch)、dpi(dot per inch)などが単位として利用されています。この単位を参考に、解像度を設定していくのです。

この単位は何を表しているかというと、1インチにつきどれくらいのドット数があるかを示しています。つまり、数値が高ければそれだけ密度の大きい印刷になるということで、出力後の印象も大きく変わってくるわけです。

また、画面の大きさと解像度は深い関係にあります。というのも、この二つの比率が最適になっているときに画質がいい状態になっていて、いい画像をつくるためには必要なものだからです。画像の大きさや解像度を変えたいときは、比率を合わせて行うようにしてみてください。

普通に扱う上では、比率は自動で調整されるので気にする必要はありませんが、ドット数を変える編集を行う場合にはあらかじめ念頭に入れておくといいと思います。

    注目情報

  • 煩雑な給与計算業務や給与データの管理などの作業を簡単に効率よく行うことができる仕組みを探しているなら給与関連をアウトソーシングできるこのサービスがお勧めです。40年以上企業の給与管理をサポートしてきたベテランの大手企業のサービスになるのでアフターサポートなども万全でサービスのクオリティ以上に安心して任せることができます。システムを導入するだけではなく、運用代行をしてもらうこともできるのでほぼほぼ任せきりすれば業務効率を大幅に上げることができます。給与関係の業務のアウトソージングを検討しているならお得なサービスになるので使ってみてください。

Copyright(C) 印刷を活用するための知識集 All Rights Reserved.