特殊なカラーは特殊なインクを利用する

特殊なカラーは特殊なインクを利用する

光の三原色――レッド(Rと表記される)、グリーン(Gと表記される)、ブルー(Bと表記される)はさまざまなカラーを出せますが、色の三原色――シアン(Cと表記される)、マゼンタ(Mと表記される)、イエロー(Yと表記される)、ブラック(Kと表記される)では対応できないカラーというのが出てきます。といっても、これだけでほとんどの色を再現することができるので、一般的な利用に関しては問題ありません。

しかし、特殊なカラーを印刷する場合は、特別制限することなく、特殊なインクを利用することによって再現することができます。特殊なカラーというと、鮮やかな色がたとえば挙げられますが、こちらを出したい場合、専用のインクやアプリケーションを用いてつくることになります。どうしても印刷で出したい色というのは、あらやるケースにおいて出てくるはずですからね。

専用のインクやアプリケーションにはさまざまなものが出回っています。一番自分に合っているものを選び、うまく活用していくのがいいと思います。こうして、アナログ媒体としても、品質の高いカラーを出力することができるのです。特殊な色を出すならば、インクやアプリケーションを参考にしてみてください。

    こちらのサイトもご覧下さい

  • 不用品の買取を茨城で探すなら、県内ナンバーワンの実績がある女性にも安心なレディースパックがあり、料金が格安で即日回収対応してくれる業者がオススメです。

Copyright(C) 印刷を活用するための知識集 All Rights Reserved.